安心を得て、人生に取り組みたいあなたへ。

横浜市の外国人住民数について(3)

 横浜市統計ポータルサイト掲載の横浜市人口ニュースによれば、201791日現在、横浜市の人口総数は、3,733,791人でした。

外国人住民数は20178月末日現在、89,572人、横浜市人口総数の2.4%を占めています。

 以下の『 』内は、昨年6月のブログ内容です。 

『……、201651日現在、横浜市の人口総数は、3,732,029人でした。……、外国人住民数は20164月末日現在、83,596人、横浜市人口総数の2.2%を占めています。』

 1年前と直近の数値とを比較すると、横浜市全体の人口増加数よりも、外国人住民人口増加数が多くなっています。横浜において、社会の共生化が進行中であることがわかります。

 

 横浜市には18の区があります。今回の統計で、区別で外国人が最も多く居住する区は、中区16,278人、次いで鶴見区11,971人、南区9,390人となっています。中区には中華街があるため、1万人弱の中国人・台湾人住民が居住しています。他方、鶴見区には、1千人超のブラジル人が居住していることが特徴的です。また、鶴見区と南区には、中区と比較すると、より多くのフィリピン人、ベトナム人が居住しています。 

1年前との比較で、外国人住民総数のうち人数の多い国籍別トップ10の順位に変動はありませんでした。

 1番目中国36,692人、2番目韓国12,831人、3番目フィリピン7,773人、4番目ベトナム5,357人、5番目台湾2,470人、6番目ネパール3,101人、7番目ブラジル2,522人、8番目米国2,290人、9番目インド2,127人、10番目タイ1,584人でした。

 

在留資格の無料相談

外国人の在留資格に関するご相談を、平日9時から17時の時間帯に、無料で承ります。TEL 090-4077-5115 または、メールtomo.shibuya@nifty.comでご連絡の上、JR関内駅南口徒歩1分、1Fがモスバーガーのビル、中央第6関内ビルの3Fビット横浜までお越しください。

 

We are available for free consultaion for status of residence at 1 minute's walk BLDG. from JR Kannai station south entrance,

Chuo-dairoku-Kannai BLDG. 3F,Vit Yokohama (Mos Burger located 1F). Please make an  appointment before coming by phone or E-mail. Consulting hours are 9 to 17 on weekdays. Thank you.

リンク Link


行政書士会(単位会)によって組織されている日本行政書士会連合会のホームページ。