安心を得て、人生に取り組みたいあなたへ。

外国人の住民基本台帳カード発行の開始

201378日(月)から、外国人住民の方の住民票に、新たに住民票コードが記載されるようになります。

そして、その住民票の情報が、住民基本台帳ネットワークシステムに送信される結果、同日から、外国人住民の方も住民基本台帳カード(住基カード)の発行を市区町村(横浜市では区役所)に申請できるようになります。

横浜市では、住基カード発行手数料は1500円です。

 

住基カードのメリットとしては、住民票の写しの交付をより広域で受けられることや、転出転入手続きがより簡易にできること等があります。

また、住基カードは、申請時に写真付きと写真なしの選択が可能ですが、写真付き住基カードならば、公的な身分証明書としても使用できます。

 

今までどれ位の住基カードが交付されているかというと、20121231日現在で交付枚数累計が714万枚、と総務省が発表しています。

 

201378日からの外国人住民の方への住基ネット関連サービス開始にあたり、横浜市が、横浜市外国人住民票テレフォンセンターを、2013718日から830日まで開設します。

日本語対応が、電話 045-664-2615(平日9:00~17:00

外国語対応が、電話 045-222-1161(平日10:00~17:00)です。

在留資格の無料相談

外国人の在留資格に関するご相談を、平日9時から17時の時間帯に、無料で承ります。TEL 090-4077-5115 または、メールtomo.shibuya@nifty.comでご連絡の上、JR関内駅南口徒歩1分、1Fがモスバーガーのビル、中央第6関内ビルの3Fビット横浜までお越しください。

 

We are available for free consultaion for status of residence at 1 minute's walk BLDG. from JR Kannai station south entrance,

Chuo-dairoku-Kannai BLDG. 3F,Vit Yokohama (Mos Burger located 1F). Please make an  appointment before coming by phone or E-mail. Consulting hours are 9 to 17 on weekdays. Thank you.

リンク Link


行政書士会(単位会)によって組織されている日本行政書士会連合会のホームページ。